憧れの白衣の天使に!

パチンコ依存症者の言い訳

最初は少額だけで遊ぼう、と思っていてもお金が無くなるまでプレイしてしまうのがパチンコです。
力になります。パチンコ やめたいだけの状態から抜け出そう
パチンコは途中でやめることができない遊び。
手持ちのお金が無くなるまで遊んでしまい、もし無くなってしまっても途中で席をキープしつつ離れ、家に戻ってお金を調達してきたり、他人や消費者金融からお金を借りてでもプレイを続行してしまいます。
次こそは出る、といった期待を持ってしまうために、お金が無くなるまで続けてしまうのです。
パチンコ依存症者は、パチンコに困っておりながらも、他人にパチンコについて語る時はもっともらしい理由を探します。
総合では勝っている、次は勝てるから、数万円しか負けていないから、気晴らしをしたいから、といった言い訳を連ねますが、パチンコに興味が無い人からすると呆れた言い訳です。
パチンコをプレイしたことがなければ、パチンコなんて無駄、どうせ負けるよ、なんて思ってしまいますがパチンコ依存症になってしまうと、次こそは勝てるよ、今までお金を費やしたから次こそはチャンスが訪れるよ、なんて思ってしまうのです。
悩む前にパチンコ やめたい方の為のサイトです